マンションという資産性 | 京都タウンストーリー | 【公式】 ジ・アーバネックス京都シリーズ

マンションという資産性

賃貸マンションとして入居した人からの家賃収入を得る為に、投資としてマンションを購入される方が増えています。割と手軽に始められることから、老後の安定収入のためとして始められる方も増えています。
一般的に、投資マンションには三つの大きな効果があると言われていますが、このどれもが収入面やリスク管理において優れているため、今では会社員の方が仕事をしながら投資マンションを持つというケースも珍しくなくなりました。 先行きが不安なこの時代だからこそ持つ、投資マンション。その三大効果について解説いたします。

年金効果

所有しているマンションに入居されている方からの家賃は毎月の現金収入となります。現役でお仕事をされている方にとっては現在の収入にプラスする安定収入として、さらにはリタイア後には年金のような安定収入を確保することができます。
消えた年金や財源問題など、年金を取り囲む状況は厳しさを増しており、今の現役世代がどれほどの年金を受給することができるのか、または受給そのものが果たしてできるのかという不安が巻き起こっています。
経済の先行きが不透明な時代だからこそ、不動産という現物からの安定した収入というのは以前にも増して重要であると考える方が多くなりました。マンション経営によって得られる収入のことを「家賃年金」と呼ぶこともあるほど、その収益の安定性に大きな注目が集まっているのです。
マンション資産は時間の経過とともに資産価値の目減りという問題が付きまといますが、都心や駅近物件などといった付加価値の高い物件については価値が下落しにくいため、物件をうまく選ぶことでこのリスクは回避できます。
超低金利が続く中、銀行預金や金融商品などで得られる金利は雀の涙で、ちょっとした手数料などで元本を割り込んでしまうという現象も起きています。金融商品に頼らない資産運用、資産形成の手段としてマンションは非常に現実的な選択肢なのです。

生命保険効果

投資マンションの生命保険効果、これは年金効果と並ぶ非常に大きなメリットなのですが、月々の家賃という安定収入に注目がいきがちな人間心理もあって、意外に見落とされることが多いものの、投資マンション経営が持つ重要な機能です。
投資マンション経営を行っている方々の多くは、一家の大黒柱として家族の生活を支えるために働いておられる現役世代の方々です。多くのご家庭はその大黒柱の収入で生活をされているわけですが、それではこの方に万が一のことがあったらどうなるでしょうか。
万が一というのはお亡くなりになるということだけではなく、病気や怪我などで仕事が続けられなくなる(つまり収入が途絶える)というリスクは誰にでもあるものです。
そこで多くの方は生命保険に加入し、リスク管理を行っているわけですが、投資マンションにも同様の機能があります。住宅ローンを利用して投資マンションを購入した場合、ローンの返済期間中に万が一のことがあっても、自動的に加入する団体信用生命保険によってローンの残債が完済されます。つまり、無借金で収益を生み出す不動産物件が手元に残ります。生命保険は高額の保険金が一度支払われて終わりですが、投資マンションは将来にわたって月々の安定した収入が続くため、以後の生活をしっかりと支えてくれます。
実際に投資マンションを所有しておられる方の中には、ご加入の生命保険の見直しを行って保険料を削減し、それを住宅ローンに充当するという方もおられます。

節税効果

投資マンション経営というのは、ひとつのビジネスを起業することでもあります。ビジネスとして行う以上、税金との関わりが生じるわけですが、サラリーマンの方であっても様々な節税の恩恵を受けることができます。
最も有効なのは所得税の節税です。マンション経営に必要とされる各種の税金や修繕費、損害保険料、管理委託費、広告宣伝費など、他にも多くの費用を経費として計上できます。この総額が家賃収入を上回る(つまり、税務上の赤字)ことになれば、赤字分が損益通算によって本業の給与所得などに課される所得税の減額となります。これに付随して住民税も減額されるため、大きな節税メリットがあります。
また、預貯金や有価証券と違って資産を不動産として所有している場合は相続や生前贈与においても税額を軽減したり、評価額によっては無税にすることも可能です。お子さんへの資産継承においても、投資マンションは大きな節税効果を発揮します。

<2年連続>京都は世界1位の観光都市

京都市が米国の旅行雑誌で、人気観光都市ランキング2年連続世界1位に!
世界で最も影響力をもつ旅行雑誌のひとつ「Travel + Leisure(トラベル・アンド・レジャー)」誌が行った読者投票「ワールドベストアワード2015」の世界の人気都市を決める「ワールドベストシティ」ランキングで今回も京都市が1位になりました。世界中から愛される京都のマンションは、その注目度の高さから、資産価値が落ちにくいマンションになると言えると思います。